LIFE STORY of GUIDE DOGS ❻

しっかりと役割を果たした引退犬の写真

いままでお疲れさまでした。

しっかりと役割を果たした引退犬の写真2

さぁ、新しい生活だ。

くつろぐ引退犬の写真

Happy retirement

盲導犬の引退
(10歳~)

(感謝の気持ちを伝える日)

【引退】

盲導犬としての責任を果たした犬は、『引退犬』として引退犬ボランティア宅に引き取られ、ゆっくりと余生を過ごします。 ラブラドールやゴールデンといった犬種の寿命は14歳前後です。犬の健康状態を確認しながら盲導犬が10歳~11歳の間に引退するよう利用者と話し合い引退時期を決定します。盲導犬利用者にとっても、また盲導犬にとっても別れはつらいものですが、比較的犬が元気な状態で引退犬ボランティア宅へ引き取られることが望ましいと考えています。犬も年齢を重ねると足腰が弱くなり、疲れやすくなります。また白内障が出たり、耳が聞こえにくくなることもあります。早ければ8~9歳程度で引退しなければならない犬もいます。 一方、次の盲導犬を必要としている利用者は、再度、共同訓練を受けることになります。





  • 募金・寄附について
  • 盲導犬の支援をする
  • 盲導犬利用者の声
PAGE TOP ▲